Food Trend News

フード業界の今をタイムリーにお届け!

2020年1月

アメリカを中心に海外で30店舗以上を展開する台湾一人鍋専門店【BOILNG POINT】が渋谷に日本初上陸!

アメリカを中心に海外で30店舗以上を展開する台湾一人鍋専門店【BOILNG POINT】が渋谷に日本初上陸!

LAを中心に大人気の台湾一人鍋専門店“BOILING POINT”(ボイリングポイント)日本第一号店が渋谷・宇田川町に1月31日(金)にグランドオープンする。(運営:沸点日本株式会社:代表取締役 陳煌銘)

“BOILING POINT”は、2004年にアメリカLAで1号店をオープンして以来、今年で16年目。アメリカ、カナダ、中国に渡る30軒以上の店舗を展開し、グローバルでは4社という勢いに乗っているブランドだ。

【メニューについて】

本場台湾の味そのままの『ハウススペシャル鍋』をはじめ、日本限定メニュー『ジャパニーズ味噌鍋』や『ローズミルク鍋』、ラム肉と高菜をブレンドした『高菜ラム鍋』、激辛スープで痺れる『スパイシー台湾鍋』など、全9種類が楽しめる。

サイドメニューは、『台湾唐揚げ』や『麻辣臭豆腐』などのオリジナルテイストが充実。

ドリンクは、人気のタピオカはもちろん、台湾本場の茶葉を使用した伝統の紅茶や緑茶、ヤクルトやパッションフルーツの緑茶ブレンドなど多彩に充実。

BOILING POINTの特別なスープ鍋とオリジナル形状のストーブ、浅いスープ鍋はすぐに熱伝導できるすぐれもの。米国、台湾、香港、カナダ、中国での特許を取得したストーブに乗せて、火傷防止にも最大限配慮した鍋となっている

【WOK STAND オリジナル設計のポットホルダー、特許を各国で取得】

BOILING POINTの特別なスープ鍋とオリジナル形状のストーブ、浅いスープ鍋はすぐに熱伝導できるすぐれもの。米国、台湾、香港、カナダ、中国での特許を取得したストーブに乗せて、火傷防止にも最大限配慮した鍋となっている。

BOILING POINTの特別なスープ鍋とオリジナル形状のストーブ、浅いスープ鍋はすぐに熱伝導できるすぐれもの。米国、台湾、香港、カナダ、中国での特許を取得したストーブに乗せて、火傷防止にも最大限配慮した鍋となっている。

店内は、LAスタイルのカジュアルなイラストが賑やかに彩り楽しい空間を演出。

店内は、LAスタイルのカジュアルなイラストが賑やかに彩り楽しい空間を演出。おひとり様はもちろん、大人数でも楽しめる台湾一人鍋、本格的な台湾鍋に注目だ。

おひとり様はもちろん、大人数でも楽しめる台湾一人鍋、本格的な台湾鍋に注目だ。

【店舗情報】 住所 : 東京都渋谷区宇田川町33-1 グランド東京渋谷ビル3F TEL : 03ー6455ー3226 営業時間:11:30~22:00(ラストオーダー21:30)  定休:年中無休 席数:78

■店舗情報

住所 : 東京都渋谷区宇田川町33-1 グランド東京渋谷ビル3F

TEL : 03ー6455ー3226

営業時間:11:30~22:00(ラストオーダー21:30) 

定休:年中無休

席数:78

URL :https://www.bphotsoup.jp/

https://www.instagram.com/boilingpoint_jp/

グランドオープンを記念して、1月31日(金)~2月2日(日)の3日間、税抜お会計合計より30%offSALE!

Writer : food agent

台湾発のタピオカドリンク専門店「黒糖彪」が初上陸、12月20日吉祥寺にオープン

12月20日(金)に、日本初上陸のタピオカドリンク専門店「黒糖彪」を吉祥寺にオープン。タピオカドリンクブランド「黒糖彪」は、昨今のタピオカドリンクブームの最中、“唯一無二”をコンセプトに

■日本初上陸のタピオカドリンク専門店「黒糖彪」が吉祥寺にオープン

丼チェーン「伝説のすた丼屋」やステーキ業態「デンバープレミアム」などの飲食店を運営する株式会社アントワークス(所在地:東京都中野区、代表取締役社長 兼 CEO:早川 秀人)は、ZHEJIANG BODUO INTERNATIONAL TRADE CO.,LTD,(チェーチャン ボードー インターナショナル トレード コーポレーション)とQINGDAO TENG CHENG WEI YE CATERING INDUSTRY CO.,LTD,(チンタオ テン チェン ウェイ イェ ケータリング インダストリー コーポレーション)と共に、合弁会社BODUO DEVEROPMENT(ボードー ディベロップメント)株式会社を設立し、12月20日(金)に、日本初上陸のタピオカドリンク専門店「黒糖彪」を吉祥寺にオープン。

■コンセプトは“唯一無二”

タピオカドリンクブランド「黒糖彪」は、昨今のタピオカドリンクブームの最中、“唯一無二”をコンセプトに『かわいいだけでは物足りなくなった方へ。女性だけでなく、男性やお父さん、お母さんなど広い世代に愛されるブランドでありたい』という想いから、インパクトのある“彪”をモチーフに、海外で約80店舗を展開する台湾発のタピオカドリンク店。 飽和状態となりつつある日本のタピオカドリンク業界に一石を投じ、新たな風を吹かせるべく、日本1号店を吉祥寺駅前にオープンする。

「黒糖彪」の代名詞ともいえるNo.1おすすめメニューは、定番のミルクティーではなく「<クラッシュタピオカ入り>黒糖彪ミルクフラッペ」。

■シャリシャリ&もちもちの新食感タピオカドリンク

「黒糖彪」の代名詞ともいえるNo.1おすすめメニューは、定番のミルクティーではなく「<クラッシュタピオカ入り>黒糖彪ミルクフラッペ」。黒糖で煮込んだタピオカと氷に、黒糖シロップ、ミルクパウダー、紅茶を加えブレンダーにかけ、最後に“波覇(ボバ)”という大粒のタピオカをトッピングした「黒糖彪」オリジナルのタピオカドリンクだ。

人工甘味料は使用せず、黒糖を使用しているため濃厚ながらもくどくない甘さ。シャリシャリ&もちもちの2つの食感が楽しめる新感覚タピオカドリンクは、他に類を見ない“唯一無二”の味わいに仕上がっている。

「黒糖彪」の“唯一無二”ポイントのもう一つは、店頭に神々しく鎮座する黄金の「彪」。この彪の頭は、商品の受け渡し口となっており、勇気を持って彪の口に手を差し入れなければ、注文したドリンクを手にすることはできない。

■勇気がある者のみが飲むことができる?!

「黒糖彪」の“唯一無二”ポイントのもう一つは、店頭に神々しく鎮座する黄金の「彪」。この彪の頭は、商品の受け渡し口となっており、勇気を持って彪の口に手を差し入れなければ、注文したドリンクを手にすることはできない。「彪」の強さとたくましさを表したこのシンボルは、ブランドの生き様を示しており、『間違いも正解もないこの社会で、彪のようにたくましく、強く生きていく』という強い想いが込められいる。 “唯一無二”の味わいを、黄金に輝く“唯一無二”の提供口から受け取るシーンは、ぜひ写真に残しておきたい。お客様自身にも強さと自信を与え、愛されるブランドになっていけたらという思いが現れている。

■BODUO DEVEROPMENT(ボードーディベロップメント) 株式会社

「伝説のすた丼屋」をはじめ、ステーキ業態「デンバープレミアム」、十勝豚丼専門店「き久好」、焼肉業態「まる秀」などの飲食店を全国に130店舗以上運営する株式会社アントワークスと、香港・台湾・ヨーロッパを中心に、全世界で15,000店舗以上(子会社を含む)を展開し運営しているBODUO HOLDING グループの子会社であるZHEJIANG BODUO INTERNATIONAL TRADE CO.,LTD,(チェーチャン ボードー インターナショナル トレード コーポレーション)、およびQINGDAO TENG CHENG WEI YE CATERING INDUSTRY CO.,LTD,(チンタオ テン チェン ウェイ イェ ケータリング インダストリー コーポレーション)が設立した、合弁会社「BODUO DEVEROPMENT(ボードー ディベロップメント)株式会社」。日本のタピオカ市場へ進出する。

また、中国にも同様の合弁会社を設立し、中国をはじめとするアジア全土へ「伝説のすた丼屋」の展開を進めていく。 両社が互いの専門性を提供し合い運営していくことで、日本・中国それぞれのブランドをより早く、より多く展開することができるという確信のもと、合弁会社を設立した。

■店舗情報

店名:黒糖彪 吉祥寺店 (コクトウトラ)

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-10 ダイヤ街

TEL:0422-27-2047

営業時間:0422-27-2047 定休日:無休

Writer : food agent