Food Trend News

フード業界の今をタイムリーにお届け!

2017年8月

NYで愛されるデザートカフェ「Serendipity 3」が2017年8月10日(木)東急プラザ内にオープン!

2017年8月10日(木)、東急プラザ表参道原宿にニューヨーク マンハッタンで世界中のセレブリティから愛されているデザート カフェ「Serendipity 3 表参道」(セレンディピティ スリー)がオープン

<日本に初出店のNYマンハッタンのカフェが原宿に登場>

日本初出店となる「Serendipity 3」は、1954年ニューヨーク マンハッタンに“偶然の幸せな発見”というコンセプトのもと誕生。誕生から60年 以上経つ現在でも、オープン直後から毎日行列ができる人気ぶり。
全米No.1レストランガイド『ZAGAT SURVEY(ザガット・サーベイ)』で「伝説のデザートに出逢える場所」として紹介されるほか、アメリカの映画「Serendipity (セレンディピティ)」で、物語が展開する重要な舞台として 登場して話題になるなど、世界中で注目され続けているデザートカフェ。
テラス席20席をふくむ店内は、乙女心をくすぐるキュートなインテリアで心も癒されそう。

20センチ以上もの高さがあるフォトジェニックな「Frrrozen Hot Chocolate (フローズン ホットチョコレート)」は、ハリウッドスターをはじめとする数多くのセレブリティが虜になったデザートドリンク

<ボリューミーでゴージャスなメニューが楽しい!>

「Serendipity 3」のデザートは味ももちろんだが、ヴィジュアルも楽しめるのがポイントだ。なかでも、たっぷりとホイップクリームがトッピングされ、20センチ以上もの高さがあるフォトジェニックな「Frrrozen Hot Chocolate (フローズン ホットチョコレート)」は、ハリウッドスターをはじめとする数多くのセレブリティが虜になったデザートドリンクとのこと。
また、高さ20センチ以上の「Empire State Onion Rings (エンパイア ステイト オニオンリング)」など、すべてにおいてBIGな“THE・アメリカンスタイル”を体感できるゴージャスなメニューが盛りだくさん!

日本限定メニューでは、宇治抹茶やわらび餅を使用した「Matcha Ice Cream Frrrozen Hot Chocolate (マッチャアイス入り フローズン ホットチョコレート)」や、300g以上ものバニラアイスクリームの上にチェリーパイケーキを乗せた「Cherry Pie Sundae (チェリーパイ サンデー)」などが用意されている。

メニュー一部(税抜)

  • ・Frrrozen Hot Chocolate(フローズン ホットチョコレート) 990円
  • ・Matcha Ice Cream Frrrozen Hot Chocolate 1790円
  • ・ABC Burger(ABCバーガー) 1790円
  • ・Gardenia Pasta(ガーデニア パスタ) 1790円

デザートだけでなく、パスタなどのフードメニューもラインナップされているのでランチ利用にも◎。お天気の良い日にはテラス席がおすすめ。

erendipity 3 表参道 住所:東京都渋谷区神宮前4 30 3東急プラザ表参道原宿 3階 TEL:03-5413-3668 営業時間 : 11:00~21:00 (ラストオーダー 20:30) 定休日:不定休

Serendipity 3 表参道

  • 住所:東京都渋谷区神宮前4303 東急プラザ表参道原宿 3階
  • TEL:03-5413-3668
  • 営業時間 : 11:00~21:00 (ラストオーダー 20:30)
  • 定休日:不定休
Writer : food agent

ベトナムのソウルフード”バインミー”専門店「EBIS BANHMI BAKERY」が恵比寿にオープン。

お店で粉から焼き上げるバインミー専門店『EBIS BANHMI BAKERY(エビスバインミーベーカリー)』が、2017年8月8日(火)に恵比寿にオープン

<本場ベトナムの味を再現したバインミー専門店>

お店で粉から焼き上げるバインミー専門店『EBIS BANHMI BAKERY(エビスバインミーベーカリー)』が、2017年8月8日(火)に恵比寿にオープンした。
運営するのは、中央線沿線を中心にベトナム屋台食堂『チョップスティックス』や、ベトナム炭火焼き鳥専門店『ビンミン』を展開する、フクモチック有限会社(本社:東京都杉並区、取締役社長:茂木 貴彦)。

バインミーとは、ベトナム語で「パン」のこと。フランス文化の影響が残るベトナムでは、フランスパンが主流なのだが、わたしたちの普段馴染みのあるフランスパンのイメージとは少々違い、「中はフワフワ、外はカリカリ」なのがバインミーの特徴とのこと。このパンでつくるサンドイッチが、バインミーサンドイッチと呼ばれる。中に挟む具材はバリエーション豊で、ハムやレバーパテ、焼き肉、揚げ魚など、様々な具材があり、地域や店舗によって違う。EBIS BANHMI BAKERYでは、オーセンティックなものを中心に、べジサンドも用意しており、様々な具材をお楽しみいただける。

「HUNG YEN BAKERY」の味は市内で評価され、地元のバインミー専門店にパンを卸しており、恵比寿で本場のテイストを味わえる。
バインミー自体の製法はもちろん、バインミーサンドに欠かせない「具材」についても、現地で実際に食べられている”リアル”なバインミーを再現している。

<パンの生地からこだわった特製バインミー>

『EBIS BANHMI BAKERY』は、本格的なバインミーを提供するため、今では珍しいベトナム本来の製パン方法にこだわった、ベトナム北部ヴィンフック省の省都ヴィンイェン市の老舗ベーカリー「HUNG YEN BAKERY」で2週間の住み込み研修を実施し、技術を習得。「HUNG YEN BAKERY」の味は市内で評価され、地元のバインミー専門店にパンを卸しており、恵比寿で本場のテイストを味わえる。

バインミー自体の製法はもちろん、バインミーサンドに欠かせない「具材」についても、現地で実際に食べられている”リアル”なバインミーを再現している。
パン作りだけでなく、ベトナム人の生活、食文化、人間性など、様々な「バインミーを取り巻く文化」を学んだ『EBIS BANHMI BAKERY』では、本格的な「ベトナムの味」であるバインミーを楽しむことができる。基本テイクアウトだが、店先の椅子に座って野外で食べるのも可能とのこと。

メニュー一部(税込)

  • ・焼き鶏肉のバインミー 580円
  • ・自家製ベトナムハムのバインミー 580円
  • ・エビチリとアボカドのバインミー 630円
  • ・揚げサバのトマトソース煮込みバインミー 630円

注目度の高いベトナムのソウルフードを味わいにいってみては

EBIS BANHMI BAKERY 住所:東京都渋谷区恵比寿1-8-14えびすストア内 TEL: 03-6319-5390 営業時間 : 11:00~20:00(売切れ次第終了) 定休日:日曜日

EBIS BANHMI BAKERY

  • 住所:東京都渋谷区恵比寿1-8-14えびすストア内
  • TEL: 03-6319-5390
  • 営業時間 : 11:00~20:00(売切れ次第終了)
  • 定休日:日曜日
  • URL:http://ebis-banhmi.com/
Writer : food agent