Food Trend News

フード業界の今をタイムリーにお届け!

2019年1月

フードエージェント・スタッフのおススメ本 2019/1

フードエージェント・スタッフが正月休みに読んだ、仕事にネルギーとアイデアをもらえる本を紹介します。

スタッフが正月休みに読んだ、仕事にネルギーとアイデアをもらえる本を紹介します。

①フードエージェントがシンガポールのホテル『マリーナベイサンズ』の立上げに協力して早8年。アジアでは、中国・シンガポール・タイ・ベトナム・台湾での転職・求人・採用支援をしてきました。そんな、海外転職を担当するNのおすすめ。

『負けない日本企業 アジアで見つけた復活の鍵』
江上剛/講談社

https://www.amazon.co.jp/dp/4062190125/

アジアで働きたい方、アジアへ進出企業担当者、アジアで起業しようとしている方、ぜひ一読を。

②予約システムなどを開発担当するMのおすすめ

『グーグルをつくった男たちが10年後を教えてくれる』
ジョージ・ビーム(編) 林信行(監訳・解説)/三笠書房

https://www.amazon.co.jp/dp/4837957544/

今や『近くのレストランは?』『レストラン予約』などの質問に音声で答えてくれる時代。フードエージェントがこだわってきた面談も昨年、オンライン面接を実施。10年後は?

飲食業界で働く人にもおすすめしたいアドバイスが満載。経営者の明確なビジョンが強い会社をつくることに気づかされます。

③面談担当Sのおすすめ

『ORIGINALS 誰もが人と違うことができる時代』
アダム・グラント(著) シェリル・サンドバーグ(解説) 楢木建(監訳)/三笠書房

https://www.amazon.co.jp/dp/4837957684/

現状に甘んじることなく安易を嫌って努力を厭わずに飛躍を目指す人におすすめ。   独立を希望している人は、副業からはじめてみては。

④事務担当Mのおすすめ

『なぜ、社員10人でもわかり合えないのか』
日経BP社

https://www.amazon.co.jp/dp/4822264238/

小さな組織から大きな組織までマネジメントの誤解を解く鍵が書かれています。

⑤運営担当Oのおすすめ

『社員の力で最高のチームをつくる』
ケン・ブランチャード+ジョン・P・カルロス+アラン・ランドルフ(著)星野佳路(監訳)御立英史(訳)/ダイヤモンド社

https://www.amazon.co.jp/dp/4478100675/

組織力を高める意識改革の仕方がわかりやすい文章で書いてあります。

⑥面談担当Iのおすすめ

『日本人の勝算:人口減少×高齢化×資本主義』
デービッド・アトキンソン/東洋経済新報社

https://www.amazon.co.jp/dp/4492396462/

 高齢化と人口減少をダブルで迎える状況を乗り越えるヒントが・・・。

Writer : food agent