Food Trend News

フード業界の今をタイムリーにお届け!

12月5日、焼き菓子とカフェのお店「BLOOM‘S(ブルームス)」が表参道にオープン!

タルトと焼き菓子のお店「BLOOM’S」が2017年12月5日に表参道にカフェスペース30席を併設したお店をオープン

◆自由が丘本店の「BLOOM‘S」が4店舗目を表参道に

タルトと焼き菓子のお店「BLOOM’S」が自由が丘にオープンしたのは、2011年。
駅から少しだけ歩いたところに構えられたお店はカウンターとテーブル席が2つほどのぬくもりのある、優しい空間でした。その後、本店は自由が丘内で移転し、駅前にもテイクアウトのお店を構え、二子玉川SC内にも出店。
素材や製法にこだわったタルトや焼き菓子は、多くのお客様に愛され、ぐんぐんと成長。
そして、ついに2017年12月5日に表参道にカフェスペース30席を併設したお店をオープンしたのです。

オーナーパティシエである、藤田咲子さんは、とても愛情深くまっすぐな瞳が美しい女性。
藤田さんが思う美味しいお菓子とは、
「シンプルな材料を使い、お菓子を愛おしいと思い、誰かの笑顔を思い浮かべてお菓子をつくること。」
このコンセプトが創業以来ぶれることなく、「BLOOM’S」を輝かせているのです。
表参道のカフェでは、キッシュプレートなども展開しているので、ランチタイムにもカフェタイムにも大活躍の予感。
もちろん、テイクアウトも可能です。
女性パティシエならではの、温かみのあるスイーツで寒い冬も楽しいティータイムを!

表参道のカフェでは、キッシュプレートなども展開しているので、ランチタイムにもカフェタイムにも大活躍の予感。 もちろん、テイクアウトも可能です。

◆オンラインショップも充実

ホールタルトから、焼き菓子詰め合わせ、コンフィチュールなど関東にお住まいでない方もこちらから購入が可能です。
これからの季節はプレゼントにも最適。ぜひチェックして!!

【オンラインショップはこちらから】

http://blooms.shop-pro.jp/

Writer : food agent

カフェ激戦区「奥渋」にある、ロースター併設の「カフェロストロ」に注目!

ロストロジャパンが、ついにコーヒースタンドを併設したカフェを2017年5月にオープン。近頃この界隈は、サードコーヒーと言われるカフェが次々にオープンしている地域として注目を浴びている

◆15年前からオリジナルで焙煎

ロストロジャパンは、15年に渡り独自の焙煎を行いながら、レストランやカフェへスペシャリティ珈琲を提供してきた企業。
そのロストロジャパンが、ついにコーヒースタンドを併設したカフェを2017年5月にオープン。近頃この界隈は、サードコーヒーと言われるカフェが次々にオープンしている地域として注目を浴びているが、代表の清水慶一さんはどのように感じているのだろうか。
「私は、焙煎職人であり、CQI認定国際審査員であるので、生豆の選定から焙煎まですべてこだわりを持って提供できているという自負があるので、特にライバルとかそういう想いはありませんね。みんなで珈琲文化を盛り上げていけたらなと」

今回は特別に焙煎をしている工房も見せてもらえることに。
「焙煎機はオランダ製のものと、アメリカ製のものを使用しています。焙煎に関しては、湿度などで時間の調整をしつつなので、コレと決まったものがありません。すべて経験に基づいて行っています」
清水さんは、コーヒーマシン輸入販売会社を経て、スペインに渡り、エスプレッソマシンメーカーで製造スタッフとした経歴を持つため、すべての知識が備わっている。
その後、渡米してバリスタへ就任し、スペシャリティ珈琲の生みの親と言われるErna Kuntsen女史に師事し、コーヒーへの情熱を受け継いだそう。

今年の5月から遂に「カフェロストロ」としてお客様への提供をはじめた清水さん。
カウンター席から見る丁寧な珈琲抽出に目を奪われてしまうことだろう。
「本当に一杯ずつ心を込めて提供しています。最良の状態の豆がご用意できたときのみ
提供する清水オリジナルの『塩エスプレッソ』や『究極のリストレッソ』を楽しんでください」

◆メニューはバラエティ豊か

今年の5月から遂に「カフェロストロ」としてお客様への提供をはじめた清水さん。
カウンター席から見る丁寧な珈琲抽出に目を奪われてしまうことだろう。
「本当に一杯ずつ心を込めて提供しています。最良の状態の豆がご用意できたときのみ
提供する清水オリジナルの『塩エスプレッソ』や『究極のリストレッソ』を楽しんでください」

【メニューの一部ご紹介】

<ディナー>

  • ・BEST AGING ESPRESSO(ベストな状態に焙煎された究極の一杯)800円
  • ・SALT ESPRESSO(絶妙な塩味が加えられたエスプレッソ)1000円
  • ・ICE CAFÉ WITH LATTE(珈琲で作った氷にミルクを注いで)650円
  • ・COFFEE MADE BY SIPHON(一杯ずつお客様のお好みの珈琲豆をサイフォンで)650円
  • ・SIPHON COFFEE WITH COFFEE ICE(サイフォンで抽出した珈琲を珈琲氷で冷却) 650円

<ランチ>

  • ・サラダバー&デザートバー、コーヒー又は紅茶付き
  • ●ランチカット(約65g)¥3000
    ディナータイム同様のカットでも楽しむことができる。

そのほか、軽食、スイーツ、紅茶も用意されているので、ぜひ立ち寄ってみてほしい。

CAFE ROSTRO(カフェロストロ)
住所:東京都渋谷区富谷1-14-20 サウスピア1F
TEL:03-5452-1450
営業時間:8:00~21:00
定休日:不定休

店舗情報

  • CAFE ROSTRO(カフェロストロ)
  • 東京都渋谷区富谷1-14-20
    サウスピア1F
  • 電話番号:03-5452-1450
  • 営業時間:
    8:00~21:00
  • 定休日:不定休
  • HP:http://rostro.jp
Writer : food agent

75年以上の歴史を持つ、「ロウリーズ・ザ・プライムリブ」が赤坂の地にリオープン!!

プライムリブ専門店「ロウリーズ・ザ・プライムリブ赤坂店」を大阪、恵比寿に続き国内3店舗目としてオープンした。

日本においては2001年に赤坂に日本初上陸で大ブレイク

2017年9月29日(金)に株式会社ワンダーテーブルは、プライムリブ専門店「ロウリーズ・ザ・プライムリブ赤坂店」を大阪、恵比寿に続き国内3店舗目としてオープンした。もともと、国内の第一号店としては、赤坂のツインタワーにオープンしていていたものの、ビルの老朽化に伴い、2014年3月に惜しまれつつ閉店、翌4月には恵比寿ガーデンプレイス店をオープンしている。

今回の赤坂店は全席数が248席というダイナミックでエレガントな空間づくりとなっていて、
220席のメインダイニングは天高も5メートルあり、まさに圧巻。旧店舗のクラシカルな印象とはガラリと変化を遂げているので、以前のイメージのままを想定し来店するとかなりのサプライズになること間違いない。

もちろん、大切な会食やプライベートなパーティにも対応できるよう、個室も3部屋あるので、様々なシーンに対応可能だ。
そして、エントランス脇に創始者のローレンス・L・フランクのファミリーネームが店名の由来となっている、カフェ&バーラウンジの「フランクバー」もオープン。

日常使いをしていただけるよう、デニッシュやクッキー等の軽食、挽きたてのフレッシュ・ブリュード・コーヒー、フレッシュ・スクイーズド・レモネード等のカフェメニューから、
今アメリカで最先端のカクテル・スタイルのバーメニューまで幅広く取り揃えている。

ロウリーズ・ザ・プライムリブは1938年にローレンス・L・フランクと義弟のウォルター・ヴァン・デ・カンプの2人により、ロサンゼルスのビバリーヒルズにオープン
特製のシルバーカートに乗せたプライムリブをお客様のテーブルの前で、お客様の好みの厚さと焼き加減でサーバーがカットし提供するスタイルは、創業当時から変わらない伝統である。

75年以上愛される、アメリカンスタイルのローストビーフの魅力

ロウリーズ・ザ・プライムリブは1938年にローレンス・L・フランクと義弟のウォルター・ヴァン・デ・カンプの2人により、ロサンゼルスのビバリーヒルズにオープン
メインとなった、プライムリブは、上質な骨付きのアメリカ牛に特製のスパイスを塗り込み、時間をかけて焼き上げたアメリカンスタイルのローストビーフのこと。
特製のシルバーカートに乗せたプライムリブをお客様のテーブルの前で、お客様の好みの厚さと焼き加減でサーバーがカットし提供するスタイルは、創業当時から変わらない伝統である。

【メニューの一部ご紹介】

<ディナー>

  • ・プライムリブ(オリジナル・スピニング・ボウル・サラダ/ヨークシャープディング/マッシュポテト/ホイップクリーム、ホースラディッシュ付き)
  • ●トーキョーカット(約120g) ¥4000
  • ●ロウリーカット(約300g) ¥6900
  • ●ダイヤモンド・ジム・ブレーディーカット(約500g強)¥9600

<ランチ>

  • ・サラダバー&デザートバー、コーヒー又は紅茶付き
  • ●ランチカット(約65g)¥3000
    ディナータイム同様のカットでも楽しむことができる。

これから年末に向けてのパーティシーズン、最適なお店が赤坂に戻ってきた。

住所:東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR3F 電話番号:03-5545-1429 営業時間:ランチ 11:30~14:00(L.O.)15:00 Close ディナー 17:00~22:00(L.O.)23:00 Close http://www.lawrys.jp/ 

店舗情報

  • 住所:東京都港区赤坂1-8-1
    赤坂インターシティAIR3F
  • 電話番号:03-5545-1429
  • 営業時間:
    ランチ 11:30~14:00(L.O.)15:00 Close
  • ディナー 17:00~22:00(L.O.)23:00 Close
  • http://www.lawrys.jp/
Writer : food agent

リーズナブルに馬肉と日本酒が楽しめる「日本酒&馬肉 ゆう馬麻布十番店 」が9月15日(金)オープン。

「日本酒&馬肉 ゆう馬麻布十番店 」をオープン。アクセスは「麻布十番駅」から徒歩3分ほどの立地の良さが嬉しい。

■都内で5店舗目となる場所は麻布十番

「日本酒&馬肉 ゆう馬」は下北沢の本店をはじめ、下北沢に日本酒スタンド店や、明大前・中目黒とたくさんの人で賑わう人気エリアに展開してきた。そして2017年9月15日(金)に5店舗目の「日本酒&馬肉 ゆう馬麻布十番店 」をオープン。今回のオープンとなるエリアもグルメな人々が集い、人気飲食店が並ぶ街だ。アクセスは「麻布十番駅」から徒歩3分ほどの立地の良さが嬉しい。

「日本酒&馬肉 ゆう馬」は熊本直送の馬肉と全国の日本酒をリーズナブルにいただける馬肉専門店。ここでは、熊本の牧場から空輸し、東京では高級といわれる馬肉を手軽に提供しており、特に「希少部位のレバ刺し」を筆頭に、常時約10種類の生肉を楽しめるようになっているとのことで支持を得ている。また、希少なメニュー以外にも、季節もの、定番までラインナップされているので、飽きがこず楽しんでいただける内容になっている。

馬肉は、栄養価が高く、フランスでは病人にすすめるほどの健康食として知られているそう。そして、アンチエイジングにも非常に効果が高く、健康を維持したダイエット効果も高い
タンパク質も高く、栄養を多く含む体に嬉しい食材だが、熱を入れると変わってしまう成分もあるため、同店ではまずは馬刺しのオーダーをおすすめしているという。

■女性におすすめ!馬肉の効果が嬉しい

なかなか馬肉を食べにいくというのは多くはないかもしれないが、積極的に取り入れたい美味しい食材ということはご存知だろうか。
馬肉は、栄養価が高く、フランスでは病人にすすめるほどの健康食として知られているそう。そして、アンチエイジングにも非常に効果が高く、健康を維持したダイエット効果も高いとされており、モデルやアスリートが好んで食されているとのことだ。

肉好きでもカロリーは気になるものだが、馬肉は豚肉の2分の1・牛肉の3分の1という低カロリーに驚く。そして馬肉の脂質は不飽和脂肪酸が含まれており体脂肪になりにくい点もポイント。タンパク質も高く、栄養を多く含む体に嬉しい食材だが、熱を入れると変わってしまう成分もあるため、同店ではまずは馬刺しのオーダーをおすすめしているという。

メニュー一部(税抜)

  • ・馬刺し5種盛り 1980円
  • ・馬刺し3種盛り 1280円
  • ・黄金の馬肉ユッケ 780円
  • ・馬肉寿司 1貫〜 170円
  • ・贅沢の極みユッケ 1980円
  • ・ウニの馬肉巻き 640円

栄養豊富な馬肉を食べて、おなかもからだも嬉しい食事をしてみては?

日本酒&馬肉 ゆう馬

住所:東京都港区麻布十番1-8-11 TAKADENビルB1F
TEL:03-6277-8871
営業時間 : 17:00~23:30
定休日:なし

「日本酒&馬肉 ゆう馬」

  • 住所:東京都港区麻布十番1-8-11 TAKADENビルB1F
  • TEL:03-6277-8871
  • 営業時間 : 17:00~23:30
  • 定休日:なし
Writer : food agent

お酒がほぼ原価で楽しめる「原価ビストロBAN!」が9月13日(水)に銀座にオープン。

「原価ビストロBAN!」は「美味しい料理が食べたい、好きなお酒も思いっきり楽しみたい!でもすごくリーズナブルに楽しみたい!」というニーズにこたえるべくつくったお店だとのこと。

■1店舗目の飯田橋店をオープンして約1ヶ月で2号店をオープン!

「原価ビストロBAN!」は「美味しい料理が食べたい、好きなお酒も思いっきり楽しみたい!でもすごくリーズナブルに楽しみたい!」というニーズにこたえるべくつくったお店だとのこと。そこで、「安かろう、悪かろう」ではなく、専門的な素材と確かな技術でつくる本格的な料理を楽しみながら、ワンコインの入場料ですべてのドリンクをほぼ原価で提供することで新しいコストパフォーマンスの形を実現。そんな1号店の飯田橋店をオープンし、すぐさま連日満席の繁盛店となり、今回の2号店オープンの流れとなったとのこと。新店がオープンしたのは銀座・八丁堀。

気になるドリンクの価格だが、例えば、ブラックニッカハイボール60円、レモンサワー80円、スパークリングワイン160円〜など驚く安さを提供している。また、独自ルートでワインを直接1000本単位で欧州まで買い付けにいき、直輸入しているので日本の市場には出回らない珍しいワインに出会えるとのことなのでワインラヴァーにもおすすめだ。

「低温調理×ビスト料理」をコンセプトに、素材は東京芝浦市場の黒毛和牛専門問屋のミヤミートなど、最高品質の和牛を部位ごとに厳選して仕入れ、その他に、牛タン、豚、鴨、仔羊、ジビエと多様な肉食材を揃える。
メニューは本当に食べてもらいたい20〜30アイテムで構成し、週替わり、月替わりと日々鮮度を重視し、様々な来店頻度のお客様に楽しんでもらえるよう工夫しているという。

■人気店でシェフをされた経歴をもつメインシェフが料理を担当

八丁堀店でのメインシェフには、三軒茶屋立ち飲みバル「富士屋本店」、渋谷「富士屋本店ダイニングバー」にて立ち上げ、店長兼料理長をつとめ、その後、「ドゥ・マゴ・パリ渋谷本店」の料理長をつとめた実績のある重松シェフを起用。

こちらで提供する自慢の肉料理は「低温調理×ビスト料理」をコンセプトに、素材は東京芝浦市場の黒毛和牛専門問屋のミヤミートなど、最高品質の和牛を部位ごとに厳選して仕入れ、その他に、牛タン、豚、鴨、仔羊、ジビエと多様な肉食材を揃える。自家製、手作りにこだわり、お肉はすべて低温調理を施し、余分な肉汁の蒸発を防ぎ、肉に対してもストレスなく仕上げるのでシンプルでストレートな肉の旨みを感じられるとのこと。
メニューは本当に食べてもらいたい20〜30アイテムで構成し、週替わり、月替わりと日々鮮度を重視し、様々な来店頻度のお客様に楽しんでもらえるよう工夫しているという。

メニュー一部(税抜)

  • ・黒毛和牛ローストビーフ 3000円
  • ・旨み溢れる牛タンステーキ 1500円
  • ・国産豚のしっとりローストポーク 1100円
  • ・鴨の鉄板グリル 1500円
  • ・ロゼに仕上げた仔羊背肉のロースト

本格的な肉料理と美味しいお酒をたっぷり気兼ねなく楽しめそう!

「原価ビストロBAN!」 住所:東京都中央区八丁堀2-21-5 西勘ビル 1F・2F TEL:03-6277-8871 営業時間 : 月曜~金曜 11:30~14:00 17:00~23:00 土曜 17:00~23:00 定休日:毎週日曜日 完全禁煙(一部喫煙スペースあり)

「原価ビストロBAN!」

  • TEL:03-6277-8871
  • 営業時間 : 月曜~金曜 11:30~14:00 17:00~23:00 土曜 17:00~23:00
  • 定休日:毎週日曜日
  • 完全禁煙(一部喫煙スペースあり)
Writer : food agent

もっと表示する