Food Trend News

フード業界の今をタイムリーにお届け!

アパマンショップがペットと入店できる飲食店「RIPOSO」を麻布にオープン

アパマンショップ麻布店を運営する株式会社ロイヤルコミュニティが、麻布十番にペットを連れて飲食を満喫できる店「RIPOSO(リポッソ)」を7月11日(木)にオープンした。

■麻布の不動産カンパニーがペットと一緒に入店できる飲食店をオープン

アパマンショップ麻布店を運営する株式会社ロイヤルコミュニティが、麻布十番にペットを連れて飲食を満喫できる店「RIPOSO(リポッソ)」を7月11日(木)にオープンした。

ペット需要が高まる中、アパマンショップ麻布店も地域の方に多くのペット可賃貸物件を紹介してきた。麻布界隈でもペットと共に暮らす方が年々と増えている。

そのような方々が気軽にペットを連れてご飲食を満喫できる空間を提供することは、ペットと暮らしやすい環境作りにつながるとの思いから、飲食店「RIPOSO(リポッソ)」をオープンした。

店名は、この店がペットと暮らす方々の憩いの場となればという想いから、イタリア語で「憩い」という意味の「RIPOSO」と名付けたという。

営業時間内はいつでもペットと一緒に入店することができ、もちろん食事もペットと味わえる(ただし、入店できるペットは小型犬まで)。

■いつでもペットと一緒に、シェフ自慢料理が味わえる

11:30~14:00はランチタイムとしてパスタやサラダバーを、14:00~16:00はスイーツタイムとして自慢のスイーツを、17:30~23:00はディナータイムとしてお酒を飲みながらペットを過ごせる大人の至福の時間を楽しめる。

営業時間内はいつでもペットと一緒に入店することができ、もちろん食事もペットと味わえる(ただし、入店できるペットは小型犬まで)。

有名ホテルで修行したシェフの本格的な料理もさることながら、なめらかプリンの商品開発責任者を約20年携わってきた経験を活かしたシェフのデザートも期待できる。ゆくゆくは、デザートの種類を充実させていく予定。

店舗名 : DINING KITCHEN&DRINK RIPOSO 所在地 : 東京都港区麻布十番2-8-7 1F 電話番号: 03-3452-3033 営業時間: ランチタイム  11:30~14:00       スイーツタイム 14:00~16:00       ディナータイム 17:30~23:00(ラストオーダー22:30) URL  : https://azaburiposo.com

■新店舗の概要

店舗名 : DINING KITCHEN&DRINK RIPOSO

所在地 : 東京都港区麻布十番2-8-7 1F

電話番号: 03-3452-3033

営業時間: ランチタイム  11:30~14:00

      スイーツタイム 14:00~16:00

      ディナータイム 17:30~23:00(ラストオーダー22:30)

URL  : https://azaburiposo.com

■会社概要

商号  : 株式会社ロイヤルコミュニティ

代表者 : 代表取締役 大井 隆

所在地 : 〒106-0045 東京都港区麻布十番1-3-8

設立  : 1989年4月

事業内容: 不動産売買仲介業・不動産賃貸仲介業・不動産管理業・

      リフォーム業・建築企画設計業

資本金 : 3,000万円

URL  : https://www.royal-community.co.jp/

Writer : food agent

渋谷で50年愛された「排骨担々麺」が再び味わえる、新店「Renge no Gotoku(レンゲ ノ ゴトク)」が7月8日(月)にオープン

渋谷で50年愛された「排骨担々麺」が再び味わえる、新店「Renge no Gotoku(レンゲ ノ ゴトク)」が7月8日(月)にオープン

■新店で再び味わえる渋谷のソウルフード

2018年11月、渋谷駅前再開発のため惜しまれながら閉店した担々麺の名店「亜寿加」。

そこで50年以上愛され続けたソウルフード「排骨坦々麺」の味を再び!と、株式会社上昇気流のグループ会社であるフーズサプライサービス株式会社(本社:東京都渋谷区 /代表取締役社長 笹田 隆)は、2019年7月8日(月)に新店「Renge no Gotoku(レンゲ ノ ゴトク)」を渋谷区桜丘町にオープンした。 新店の店長を務めるのは、「亜寿加」で長年店長を務めた原子 力(はらこ ちから)さん。前店の味をそのまま引継ぎ、新店で再現される。

注文を受けてから揚げるサクサクとした三元豚使用の排骨(パイクー:豚の肩ロース)をのせた食べ応えのある逸品
名物「排骨担々麺」(温・冷とも980円)の絶品スープは、毎日店内で丁寧に丸鶏、豚ガラ、野菜等からとったダシに、自家焙煎した胡麻で作る胡麻ベースに数種類の唐辛子をブレンドした自家製ラー油を加えて作られる。

■食べ応えある「排骨担々麺」

名物「排骨担々麺」(温・冷とも980円)の絶品スープは、毎日店内で丁寧に丸鶏、豚ガラ、野菜等からとったダシに、自家焙煎した胡麻で作る胡麻ベースに数種類の唐辛子をブレンドした自家製ラー油を加えて作られる。また麺にもこだわり、温製には選りすぐりの強力粉を使用したストレート麺、冷製にはもちもちとした食感の中太ちぢれ麺を使用。そこへ、注文を受けてから揚げるサクサクとした三元豚使用の排骨(パイクー:豚の肩ロース)をのせた食べ応えのある逸品である。

主力の担々麺以外にも、チャーシュー麺や醤油ラーメン、塩ラーメン、つけ麺などがあり、すべてのメニューに好みでパクチーやメンマ等をトッピングすることができる。

■蓮の花にこめられた思い

洋古材の柱によりデザインされたエクステリアは懐かしい雰囲気もありながら清潔感も感じさせる。また店内の壁面には、店名にもあり、お客様の「美味い」と「幸せ」をつくりたいという想いの象徴である蓮の花がダイナミックに描かれている。

洋古材の柱によりデザインされたエクステリアは懐かしい雰囲気もありながら清潔感も感じさせる。

【主なメニュー】

■排骨担々麵   980円

揚げたての排骨(パイク―)がのった、看板メニュー。オリジナルのストレートの細麺が担々スープによく絡む。

■冷やし排骨担々麵   980円

人気の排骨担々麵をひんやり冷たくアレンジ。特別配合した中太麺は、“つるっ&もちっ”とした食感が魅力。

排泄骨担々つけ麵    980円 / 排骨つけ麵       980円

チャーシュー担々麵   980円  /冷やしチャーシュー担々麵 980円

チャーシューつけ麵    980円 /チャーシュー担々つけ麵  980円

※この他、塩・醤油など辛味のないメニューもあります。

※表示価格は全て税込価格です。

「Renge no Gotoku(レンゲ ノ ゴトク)」 開 店 日: 2019年7月8日(月) 住所:東京都渋谷区桜丘町16-7鈴木ビル1階 TEL:03-5457-2171 定休日;日曜日 営業時間:11:00~22:00 店  舗:東京都渋谷区桜丘町16-7鈴木ビル1階

【店舗情報】

店  名:「Renge no Gotoku(レンゲ ノ ゴトク)」

開 店 日: 2019年7月8日(月)

住所:東京都渋谷区桜丘町16-7鈴木ビル1階

TEL:03-5457-2171

定休日:日曜日

営業時間:11:00~22:00

店  舗:東京都渋谷区桜丘町16-7鈴木ビル1階

席  数:カウンター 16席

Writer : food agent

NYのソウルフードともいえる「パストラミサンド」の専門店 「THE GOOD VIBES」が芝浦に移転、新たにオープン!

NYのソウルフードともいえる「パストラミサンド」の専門店 「THE GOOD VIBES」が芝浦に移転、新たにオープン!

■浅草橋で愛されたパストラミサンド専門店

The Burnの米澤文雄シェフがプロデュースし、浅草橋で産声を上げた「THE GOOD VIBES」。”普通に最高に美味しい”をコンセプトに、日本では出会ったことのなかったNYを代表するソウルフード「パストラミサンド」を極めた店として愛された。

その浅草橋で愛された“自家製パストラミサンド”の専門店「THE GOOD VIBES」が芝浦に引越し、このたび新たにオープンした。

“自家製パストラミサンド”の専門店「THE GOOD VIBES」が芝浦に引越し、このたび新たにオープンした。

■本場究極の味「自家製パストラミ」

「肉の豪快な厚み、ホロっとした柔らかさ、深い味わいが自慢の自家製パストラミは、牛バラ肉を4日間じっくりと塩漬けし、柔らかくなるまで加熱、さらにスモークし6日間かけて仕上げています」と米澤シェフ。ここでしか味わえない本場究極の味を堪能できる。

肉の豪快な厚み、ホロっとした柔らかさ、深い味わいが自慢の自家製パストラミは、牛バラ肉を4日間じっくりと塩漬けし、柔らかくなるまで加熱、さらにスモークし6日間かけて仕上げています

■Chef’s Profile

米澤 文雄

高校卒業後、恵比寿イタリアンレストランで4年間修業。2002年に単身でNYへ渡り、三ツ星レストラン「Jean-Georges」本店で日本人初のスー・シェフに抜擢。帰国後は日本国内の名店で総料理長を務める。「Jean-Georges」の日本進出を機に、レストランのシェフ・ド・キュイジーヌ(料理長)に就任。2018年夏、The Burn料理長就任。

Sandwich joint THE GOOD VIBES 住所   :東京都港区海岸3-13-12 バウハウス芝浦1F アクセス :JR山の手線 田町駅 徒歩11分 ゆりかもめ 芝浦ふ頭駅 徒歩6分 首都高速羽田線芝浦出口1分

■Menu

自家製・手仕込みパストラミサンド 1,450円(税別)

熟成肉メンチカツサンド      1,350円(税別)

エスプレッソBBQ ポークサンド  1,100円(税別)

玄米クランチチキンサンド         1,000円(税別)

クラシックピュアバーガー         1,300円(税別)

プレートランチ                   1,000円(税別)

■SHOP DATA

所在地:東京都世田谷区池尻2-4-5 IID内102・103

店名   :Sandwich joint  THE GOOD VIBES

住所   :東京都港区海岸3-13-12 バウハウス芝浦1F

アクセス :JR山の手線 田町駅 徒歩11分 ゆりかもめ 芝浦ふ頭駅 徒歩6分
首都高速羽田線芝浦出口1分

TEL   :03-6811-5639

席数   :22席

営業時間 :10:00~19:00(18:00L.O)/MORNING 10:00~11:30

LUNCH 11:30~14:00 /CAFÉ/DINNER 14:00~19:00

定休日  :年中無休

Writer : food agent

老舗高級パン屋の新たな挑戦!Uber Eatsのみでパンを販売するゴーストベーカリー「世田谷パン研究所」が6月11日オープン

老舗高級パン屋の新たな挑戦!Uber Eatsのみでパンを販売するゴーストベーカリー「世田谷パン研究所」が6月11日オープン

■パン業界初の試み「ゴーストベーカリー」

今年で創業20周年を迎える、パンのプロデュースカンパニー「株式会社イコールコンディション」(所在地:東京都世田谷区池尻)は、2019年6月11日(火)「世田谷パン研究所」をオープンした。

「世田谷パン研究所」は、実店舗を持たないゴーストベーカリー。店舗を構えないので、販売はオンラインフードデリバリーサービスのUber Eats(https://www.ubereats.com/ja-JP/)のみ。パン業界初の試みで、パンのお取り寄せに新風を巻き起こす。

販売するのは、考えられる最高の素材を使って作る究極の生食パン「究極の生食パン Ultimate Bread Loaf」(¥1,200税込)など、こだわり食パン数種類のみ。

「世田谷パン研究所」とは 今年で20周年を迎えたネット通販限定パン店「ルセット」の工房内に設置した研究開発部門。

■「世田谷パン研究所」とは

今年で20周年を迎えたネット通販限定パン店「ルセット」の工房内に設置した研究開発部門。

従来開発してきたパンは、美味しさは誇るべきものではあったが、大量生産には向かない為に商品化にいたらないパンが今まで多く存在していた。

しかし、“おいしいパンだからこそ多くの方に食べていただきたい”という想いから、今回Uber Eatsでの少量限定販売をすることとした。

「パンはこうあるべき」という既成概念にこだわることなく、数々のパンを開発・発表していくために、この度ゴーストベーカリーをオープンする。

http://setagayabreadlabo.com

■運営会社「株式会社イコールコンディション」について

「パンはお菓子と同じくらい、もしくはそれ以上の手間が必要だからこそ、その価値をお菓子と同じ価値(イコールコンディション)まで高めていきたい。」「主食として、パンをお米と同じ感覚(イコールコンディション)まで高めていきたい。」といった想いをもったパンのプロデュースカンパニー。

所在地:東京都世田谷区池尻2-4-5 IID内102・103

URL :http://www.equal-condition.jp/

展開ブランド:

・最高級パン専門店「recette」http://recette.co.jp/

・プレミアム食パン専門店「Bread Code by recette」http://bread-code.com/

・パンスイーツ専門店「cafe recette 鎌倉」http://cafe-recette.com/

・生食パン専門「麺麭食礼賛(ぱんしょくらいさん) by recette」http://panshokuraisan.com/

・ゴーストベーカリー「世田谷パン研究所」http://setagayabreadlabo.com

<購入ご希望の方はこちらから>

販売:Uber Eats(https://www.ubereats.com/ja-JP/

Writer : food agent

2019年6月3日(月)「花園万頭」が初のテイクアウト専門店をオープン

2019年6月3日(月)「花園万頭」が初のテイクアウト専門店をオープン

■和菓子の老舗「花園万頭」が手掛ける、初のテイクアウト専門店

「花園万頭」「ぬれ甘なつと」「栗きんつば」などの代表銘菓で有名な和菓子の老舗「花園万頭」が、より幅広い世代の方に和菓子を“もっと手軽に、もっと身近に”感じてもおうと、初のテイクアウト専門店をオープン。

販売商品のカラーである“白と茶”を基調に、シンプルな和モダンデザインでまとめた店内では、中央の大きなガラス窓から奥のキッチンの様子を見ることができる。

■代表銘菓の味が、新たなかたちで登場!

販売商品のコンセプトは、すべて「ワンハンド」。片手で気軽に食べられる商品が揃う。

新商品の「花園あんぱん」は焼き立て、花園万頭の代表銘菓である「花園万頭」は蒸し立ての状態で販売。どちらも良質な素材にこだわり、花園万頭を代表する餡がしっかりと詰まった味わい深い商品だ。


①焼き立て「花園あんぱん」
花園万頭の餡を使用した、焼き立て「花園あんぱん」の味は2種類。
1つは粒選りの北海道産エリモ小豆と上質な氷砂糖、香川県産和三盆糖で作りあげ、あっさり上品な味わいが広がる「こしあん」。
もう1つは粒の食感を残し、少し甘めに仕上げた「つぶあん」。
パン生地にもこだわり、バター風味が豊かで口溶けも良く、餡を引き立てる和菓子屋ならではの仕上がりになっている。

②蒸し立て「花園万頭」
花園万頭の代表銘菓「花園万頭」が出来立てで堪能できる。蒸し立てでの提供は、初の試み。
艶やかでふんわりとした皮とほどよい甘さ、芳醇に広がる香り。この蒸し立てならではの味わいがテイクアウトで楽しめる。
他には、花園ソフトクリームなども登場で、これからの季節におすすめだ。

北海道バニラ/宇治抹茶/宇治抹茶バニラミックス 各 ¥500(税込)

花園スペシャル      ¥700(税込)
(バニラソフトクリーム、特製こしあん、栗の甘露煮、自家製黒蜜)

宇治抹茶スペシャル    ¥700(税込)
(宇治抹茶ソフトクリーム、ぬれ甘なつと、栗の甘露煮)

パン生地にもこだわり、バター風味が豊かで口溶けも良く、餡を引き立てる和菓子屋ならではの仕上がりになっている。

<株式会社 花園万頭>
銘菓の本場として名高い加賀前田家の城下金沢に石川屋本舗として1834年(天保5年)に創業。1906年(明治39年)に東京青山に進出、その後赤坂に移転。1930年(昭和5年)に、現在の新宿三光町に移転。近隣にある鎮守「花園神社」と万頭の名に因み、屋号を「花園万頭」と改める。現在は、旧花園万頭の商標と事業を継承する為、2018年(平成30年)に新たに株式会社花園万頭を設立し、株式会社パティスリー銀座千疋屋の完全子会社となる。

花園万頭 花園神社店 所在地  :〒160-0022 東京都新宿区新宿5-17-2 営業時間 :11:00~19:00 定休日  :年中無休 TEL    :03-3202-1210

【新店舗概要】
店名   :花園万頭 花園神社店
所在地  :〒160-0022 東京都新宿区新宿5-17-2
営業時間  :11:00~19:00
定休日  :年中無休
TEL    :03-3202-1210
https://www.tokyo-hanaman.co.jp/info/20190530

Writer : food agent

もっと表示する