Food Trend News

フード業界の今をタイムリーにお届け!

リーズナブルに馬肉と日本酒が楽しめる「日本酒&馬肉 ゆう馬麻布十番店 」が9月15日(金)オープン。

「日本酒&馬肉 ゆう馬麻布十番店 」をオープン。アクセスは「麻布十番駅」から徒歩3分ほどの立地の良さが嬉しい。

■都内で5店舗目となる場所は麻布十番

「日本酒&馬肉 ゆう馬」は下北沢の本店をはじめ、下北沢に日本酒スタンド店や、明大前・中目黒とたくさんの人で賑わう人気エリアに展開してきた。そして2017年9月15日(金)に5店舗目の「日本酒&馬肉 ゆう馬麻布十番店 」をオープン。今回のオープンとなるエリアもグルメな人々が集い、人気飲食店が並ぶ街だ。アクセスは「麻布十番駅」から徒歩3分ほどの立地の良さが嬉しい。

「日本酒&馬肉 ゆう馬」は熊本直送の馬肉と全国の日本酒をリーズナブルにいただける馬肉専門店。ここでは、熊本の牧場から空輸し、東京では高級といわれる馬肉を手軽に提供しており、特に「希少部位のレバ刺し」を筆頭に、常時約10種類の生肉を楽しめるようになっているとのことで支持を得ている。また、希少なメニュー以外にも、季節もの、定番までラインナップされているので、飽きがこず楽しんでいただける内容になっている。

馬肉は、栄養価が高く、フランスでは病人にすすめるほどの健康食として知られているそう。そして、アンチエイジングにも非常に効果が高く、健康を維持したダイエット効果も高い
タンパク質も高く、栄養を多く含む体に嬉しい食材だが、熱を入れると変わってしまう成分もあるため、同店ではまずは馬刺しのオーダーをおすすめしているという。

■女性におすすめ!馬肉の効果が嬉しい

なかなか馬肉を食べにいくというのは多くはないかもしれないが、積極的に取り入れたい美味しい食材ということはご存知だろうか。
馬肉は、栄養価が高く、フランスでは病人にすすめるほどの健康食として知られているそう。そして、アンチエイジングにも非常に効果が高く、健康を維持したダイエット効果も高いとされており、モデルやアスリートが好んで食されているとのことだ。

肉好きでもカロリーは気になるものだが、馬肉は豚肉の2分の1・牛肉の3分の1という低カロリーに驚く。そして馬肉の脂質は不飽和脂肪酸が含まれており体脂肪になりにくい点もポイント。タンパク質も高く、栄養を多く含む体に嬉しい食材だが、熱を入れると変わってしまう成分もあるため、同店ではまずは馬刺しのオーダーをおすすめしているという。

メニュー一部(税抜)

  • ・馬刺し5種盛り 1980円
  • ・馬刺し3種盛り 1280円
  • ・黄金の馬肉ユッケ 780円
  • ・馬肉寿司 1貫〜 170円
  • ・贅沢の極みユッケ 1980円
  • ・ウニの馬肉巻き 640円

栄養豊富な馬肉を食べて、おなかもからだも嬉しい食事をしてみては?

日本酒&馬肉 ゆう馬

住所:東京都港区麻布十番1-8-11 TAKADENビルB1F
TEL:03-6277-8871
営業時間 : 17:00~23:30
定休日:なし

「日本酒&馬肉 ゆう馬」

  • 住所:東京都港区麻布十番1-8-11 TAKADENビルB1F
  • TEL:03-6277-8871
  • 営業時間 : 17:00~23:30
  • 定休日:なし
Writer : food agent

お酒がほぼ原価で楽しめる「原価ビストロBAN!」が9月13日(水)に銀座にオープン。

「原価ビストロBAN!」は「美味しい料理が食べたい、好きなお酒も思いっきり楽しみたい!でもすごくリーズナブルに楽しみたい!」というニーズにこたえるべくつくったお店だとのこと。

■1店舗目の飯田橋店をオープンして約1ヶ月で2号店をオープン!

「原価ビストロBAN!」は「美味しい料理が食べたい、好きなお酒も思いっきり楽しみたい!でもすごくリーズナブルに楽しみたい!」というニーズにこたえるべくつくったお店だとのこと。そこで、「安かろう、悪かろう」ではなく、専門的な素材と確かな技術でつくる本格的な料理を楽しみながら、ワンコインの入場料ですべてのドリンクをほぼ原価で提供することで新しいコストパフォーマンスの形を実現。そんな1号店の飯田橋店をオープンし、すぐさま連日満席の繁盛店となり、今回の2号店オープンの流れとなったとのこと。新店がオープンしたのは銀座・八丁堀。

気になるドリンクの価格だが、例えば、ブラックニッカハイボール60円、レモンサワー80円、スパークリングワイン160円〜など驚く安さを提供している。また、独自ルートでワインを直接1000本単位で欧州まで買い付けにいき、直輸入しているので日本の市場には出回らない珍しいワインに出会えるとのことなのでワインラヴァーにもおすすめだ。

「低温調理×ビスト料理」をコンセプトに、素材は東京芝浦市場の黒毛和牛専門問屋のミヤミートなど、最高品質の和牛を部位ごとに厳選して仕入れ、その他に、牛タン、豚、鴨、仔羊、ジビエと多様な肉食材を揃える。
メニューは本当に食べてもらいたい20〜30アイテムで構成し、週替わり、月替わりと日々鮮度を重視し、様々な来店頻度のお客様に楽しんでもらえるよう工夫しているという。

■人気店でシェフをされた経歴をもつメインシェフが料理を担当

八丁堀店でのメインシェフには、三軒茶屋立ち飲みバル「富士屋本店」、渋谷「富士屋本店ダイニングバー」にて立ち上げ、店長兼料理長をつとめ、その後、「ドゥ・マゴ・パリ渋谷本店」の料理長をつとめた実績のある重松シェフを起用。

こちらで提供する自慢の肉料理は「低温調理×ビスト料理」をコンセプトに、素材は東京芝浦市場の黒毛和牛専門問屋のミヤミートなど、最高品質の和牛を部位ごとに厳選して仕入れ、その他に、牛タン、豚、鴨、仔羊、ジビエと多様な肉食材を揃える。自家製、手作りにこだわり、お肉はすべて低温調理を施し、余分な肉汁の蒸発を防ぎ、肉に対してもストレスなく仕上げるのでシンプルでストレートな肉の旨みを感じられるとのこと。
メニューは本当に食べてもらいたい20〜30アイテムで構成し、週替わり、月替わりと日々鮮度を重視し、様々な来店頻度のお客様に楽しんでもらえるよう工夫しているという。

メニュー一部(税抜)

  • ・黒毛和牛ローストビーフ 3000円
  • ・旨み溢れる牛タンステーキ 1500円
  • ・国産豚のしっとりローストポーク 1100円
  • ・鴨の鉄板グリル 1500円
  • ・ロゼに仕上げた仔羊背肉のロースト

本格的な肉料理と美味しいお酒をたっぷり気兼ねなく楽しめそう!

「原価ビストロBAN!」 住所:東京都中央区八丁堀2-21-5 西勘ビル 1F・2F TEL:03-6277-8871 営業時間 : 月曜~金曜 11:30~14:00 17:00~23:00 土曜 17:00~23:00 定休日:毎週日曜日 完全禁煙(一部喫煙スペースあり)

「原価ビストロBAN!」

  • TEL:03-6277-8871
  • 営業時間 : 月曜~金曜 11:30~14:00 17:00~23:00 土曜 17:00~23:00
  • 定休日:毎週日曜日
  • 完全禁煙(一部喫煙スペースあり)
Writer : food agent

東京浅草で変わらぬ味を届ける老舗パン屋「ペリカン」が「ペリカンカフェ」をオープン。

”浅草で人気のあのパン屋”で伝わってしまうような変わらないものを提供し続けている浅草・田原町の寿四丁目にお店を構える老舗パン屋「ペリカン」

◆創業74年を迎えた老舗パン屋「ペリカン」が作り上げるカフェ

”浅草で人気のあのパン屋”で伝わってしまうような変わらないものを提供し続けている浅草・田原町の寿四丁目にお店を構える老舗パン屋「ペリカン」が同じく浅草の地に「ペリカンカフェ」を8月28日にオープンした。場所は「ペリカン」から2分ほど歩いたところ。
パン屋「ペリカン」で取り扱うのは、昔ながらのシンプルな素材で作るサイズ違いの食パンとロールパンのみだが、今も開店の8時になると焼きあがったパンを買い求める多くの人で賑わう愛されるお店だ。
店内に立ちこめる香ばしい香りと、棚にずらっと並ぶ予約済みのパン、その奥で黙々とパンを焼く職人達の姿からはこれまでの歴史があってこその”何か”を感じさせる風格がある。そして、2017年10月7日(土)に公開予定のドキュメンタリー映画「74歳のペリカンはパンを売る。」も控えており、これを見たら、「ペリカン」ファンの人たちはもちろん、いままでいったことのない人も魅了されるに違いないだろう。

パンはすべて、それぞれのメニューに合った厚さと焼き加減で、特注の炭火焼き台で一枚一枚丁寧に焼き上げるので美味しくないはずがない。
こんがり炭焼き目のついたトーストの中はフワッフワで食べた瞬間きっと驚くはず。

◆パンのメニューだけでも12種類と豊富なラインナップ

「ペリカンカフェ」で提供するのは、「ペリカン」で提供する食パンはもちろん、食パンの美味しさを最大限に生かしたシンプルなメニューの数々とパンに合うビーフシチューも用意している。
パンはすべて、それぞれのメニューに合った厚さと焼き加減で、特注の炭火焼き台で一枚一枚丁寧に焼き上げるので美味しくないはずがない。こんがり炭焼き目のついたトーストの中はフワッフワで食べた瞬間きっと驚くはず。これは自宅ではなかなか味わえない。
また、スタッフの熱望から誕生した「フルーツサンド」はたっぷり生クリームとフレッシュなフルーツが挟まれた分厚いサンドイッチで舌がとろけるおいしさだとか。そのほかにも、しっかり満足できる「ハムカツサンド」やサイドメニューでスープやポテトサラダなどもあるのでいろいろ試してみたくなる。
朝8時からのオープンなので美味しい炭火焼の食パンとオリジナルブレンドのコーヒーで一日のはじまりを迎えるのもおすすめ。

メニュー一部(税抜)

  • ・炭焼きトーストドリンクセット 540円
  • ・ハムカツサンド 650円
  • ・白いチーズトースト 680円
  • ・フルーツサンド 860円
  • ・本日のスープ 430円
  • ・ポテトサラダ / フレッシュサラダ 320円
  • ・牛ほほ肉の赤ワインシチュー 1620円
  • ・オリジナルブレンドコーヒー 380円
  • ・オリジナルブレンドティー 430円

映画を見て、その足で実際に「ペリカン」のパンを食べるコースなんて素敵な一日になりそう。

「ペリカンカフェ」 住所:東京都台東区寿3-9-11・1階 TEL:03-6231-7636 営業時間 : 月曜日〜土曜日 8:00〜18:00 定休日:日・祝日

「ペリカンカフェ」

  • 住所:東京都台東区寿3-9-11・1階
  • TEL:03-6231-7636
  • 営業時間 : 月曜日〜土曜日 8:00〜18:00
  • 定休日:日・祝日
Writer : food agent

NYでミシュラン絶賛の高級焼肉店「YAKINIKU FUTAGO 37 West 17th St.」が新橋にオープン。

2017年8月25日(金)に新橋へオープンした「YAKINIKU FUTAGO 37 West 17th St.」(ヤキニク フタゴ セブンティーン ストリート)

2015年5月にNYにオープンしたラグジュアリーな焼肉店

2017年8月25日(金)に新橋へオープンした「YAKINIKU FUTAGO 37 West 17th St.」(ヤキニク フタゴ セブンティーン ストリート)は「大阪焼肉・ホルモン ふたご」の系列店。
2015年5月にニューヨーク17番街にオープンし、「THE MICHELIN Guide 2017 New York City」にて“素晴らしい日本の宝石のようなラインナップの商品は、とろけるようなおいしさだ”と賞された「YAKINIKU FUTAGO NYC」の世界観を国内で体感できるとのこと。
店内は“New York Traditional”をコンセプトにしており、目を引くゴージャスなシャンデリアの存在感が印象的なレストランスペースと、待ち合わせや食事を楽しんだ後にゆっくり会話をしたりなど、どんなシーンにも活用もできるクラシカルなバーラウンジが用意され、大人の社交場として楽しめる空間を提供。焼肉店にはなかなか珍しいバーラウンジ併設という点が利用の幅を広げてくれそうだ。

自身がオーナーとなり、厳選された上質な牛肉の塊を買い取り、店内のミートセラーにて保管してくれる内容
四季折々の旬食材を使ったフュージョン料理のコースが用意されており、「常に驚きと感動をもっておもてなししたい」という思いからコースメニューは2か月に一度刷新

自分自身の選んだ肉を店舗で味わえる業界初の制度を導入

「YAKINIKU FUTAGO 37 West 17th St.」では、焼肉業界初の“オーナーズビーフ制”が導入される。この制度は、自身がオーナーとなり、厳選された上質な牛肉の塊を買い取り、店内のミートセラーにて保管してくれる内容。店舗側で、肉の熟成具合、残りのグラム数、賞味期限などを管理し、オーナー様のご来店時に最高の状態で提供するサービスとなる。制度を利用し、肉ラヴァーの仲間でシェアするのもいいかもしれない。

他には、四季折々の旬食材を使ったフュージョン料理のコースが用意されており、「常に驚きと感動をもっておもてなししたい」という思いからコースメニューは2か月に一度刷新し、常に新しい驚きと感動を楽しむことができるようになっているのが嬉しい。
ケールやハーブを使ったミクソロジーカクテルや、シャンパンやワインとのペアリングもラインナップしているのでドリンクも楽しめそう。

メニュー一部(税抜)

  • ・オーナーズ(Owner’s)  6,000円
    ※肉の所有者のみの特別コース
  • ・ユニオンスクエア(Union Square) 7,000円
  • Amuse:THE garden
    Appetizer:king of kimchi、○○のトマト、肉うに
    本日の塩焼:生タンと和牛ハラミ
    Salad:Bouquet
    Today‘s soup:B掬うsoup
    本日の厳選焼:本日の厳選黒毛和牛
    本日のたれ焼:特製ダレの壺漬け
    〆:-196℃冷麺
    Dessert:トンカチ÷(バニラ+氷+レーズン)=拍手
    コーヒーorハーブティー

NYからのいわゆる”逆輸入”の焼肉店。是非”オーナーズビーフ制”を体感していただきたい。

YAKINIKU FUTAGO 37 West 17th St.(ヤキニク フタゴ セブンティーン ストリート) 住所:東京都港区新橋2‐11-10 HULIC &New SHINBASHI 2階 TEL:03-6550-8725(完全予約制) 営業時間 : 17:00~24:00 ※金曜祝前日17:00~27:00

YAKINIKU FUTAGO 37 West 17th St.(ヤキニク フタゴ セブンティーン ストリート)

  • 住所:東京都港区新橋2‐11-10 HULIC &New SHINBASHI 2階
  • TEL: 03-6550-8725(完全予約制)
  • 営業時間 : 17:00~24:00
    ※金曜祝前日17:00~27:00
  • 店舗面積:53坪
  • 席数:レストラン50席(うち個室2室)、
    バーラウンジエリア17席
Writer : food agent

NYで愛されるデザートカフェ「Serendipity 3」が2017年8月10日(木)東急プラザ内にオープン!

2017年8月10日(木)、東急プラザ表参道原宿にニューヨーク マンハッタンで世界中のセレブリティから愛されているデザート カフェ「Serendipity 3 表参道」(セレンディピティ スリー)がオープン

<日本に初出店のNYマンハッタンのカフェが原宿に登場>

日本初出店となる「Serendipity 3」は、1954年ニューヨーク マンハッタンに“偶然の幸せな発見”というコンセプトのもと誕生。誕生から60年 以上経つ現在でも、オープン直後から毎日行列ができる人気ぶり。
全米No.1レストランガイド『ZAGAT SURVEY(ザガット・サーベイ)』で「伝説のデザートに出逢える場所」として紹介されるほか、アメリカの映画「Serendipity (セレンディピティ)」で、物語が展開する重要な舞台として 登場して話題になるなど、世界中で注目され続けているデザートカフェ。
テラス席20席をふくむ店内は、乙女心をくすぐるキュートなインテリアで心も癒されそう。

20センチ以上もの高さがあるフォトジェニックな「Frrrozen Hot Chocolate (フローズン ホットチョコレート)」は、ハリウッドスターをはじめとする数多くのセレブリティが虜になったデザートドリンク

<ボリューミーでゴージャスなメニューが楽しい!>

「Serendipity 3」のデザートは味ももちろんだが、ヴィジュアルも楽しめるのがポイントだ。なかでも、たっぷりとホイップクリームがトッピングされ、20センチ以上もの高さがあるフォトジェニックな「Frrrozen Hot Chocolate (フローズン ホットチョコレート)」は、ハリウッドスターをはじめとする数多くのセレブリティが虜になったデザートドリンクとのこと。
また、高さ20センチ以上の「Empire State Onion Rings (エンパイア ステイト オニオンリング)」など、すべてにおいてBIGな“THE・アメリカンスタイル”を体感できるゴージャスなメニューが盛りだくさん!

日本限定メニューでは、宇治抹茶やわらび餅を使用した「Matcha Ice Cream Frrrozen Hot Chocolate (マッチャアイス入り フローズン ホットチョコレート)」や、300g以上ものバニラアイスクリームの上にチェリーパイケーキを乗せた「Cherry Pie Sundae (チェリーパイ サンデー)」などが用意されている。

メニュー一部(税抜)

  • ・Frrrozen Hot Chocolate(フローズン ホットチョコレート) 990円
  • ・Matcha Ice Cream Frrrozen Hot Chocolate 1790円
  • ・ABC Burger(ABCバーガー) 1790円
  • ・Gardenia Pasta(ガーデニア パスタ) 1790円

デザートだけでなく、パスタなどのフードメニューもラインナップされているのでランチ利用にも◎。お天気の良い日にはテラス席がおすすめ。

erendipity 3 表参道 住所:東京都渋谷区神宮前4 30 3東急プラザ表参道原宿 3階 TEL:03-5413-3668 営業時間 : 11:00~21:00 (ラストオーダー 20:30) 定休日:不定休

Serendipity 3 表参道

  • 住所:東京都渋谷区神宮前4303 東急プラザ表参道原宿 3階
  • TEL:03-5413-3668
  • 営業時間 : 11:00~21:00 (ラストオーダー 20:30)
  • 定休日:不定休
Writer : food agent

もっと表示する