Food Trend News

フード業界の今をタイムリーにお届け!

2017年11月

75年以上の歴史を持つ、「ロウリーズ・ザ・プライムリブ」が赤坂の地にリオープン!!

プライムリブ専門店「ロウリーズ・ザ・プライムリブ赤坂店」を大阪、恵比寿に続き国内3店舗目としてオープンした。

日本においては2001年に赤坂に日本初上陸で大ブレイク

2017年9月29日(金)に株式会社ワンダーテーブルは、プライムリブ専門店「ロウリーズ・ザ・プライムリブ赤坂店」を大阪、恵比寿に続き国内3店舗目としてオープンした。もともと、国内の第一号店としては、赤坂のツインタワーにオープンしていていたものの、ビルの老朽化に伴い、2014年3月に惜しまれつつ閉店、翌4月には恵比寿ガーデンプレイス店をオープンしている。

今回の赤坂店は全席数が248席というダイナミックでエレガントな空間づくりとなっていて、
220席のメインダイニングは天高も5メートルあり、まさに圧巻。旧店舗のクラシカルな印象とはガラリと変化を遂げているので、以前のイメージのままを想定し来店するとかなりのサプライズになること間違いない。

もちろん、大切な会食やプライベートなパーティにも対応できるよう、個室も3部屋あるので、様々なシーンに対応可能だ。
そして、エントランス脇に創始者のローレンス・L・フランクのファミリーネームが店名の由来となっている、カフェ&バーラウンジの「フランクバー」もオープン。

日常使いをしていただけるよう、デニッシュやクッキー等の軽食、挽きたてのフレッシュ・ブリュード・コーヒー、フレッシュ・スクイーズド・レモネード等のカフェメニューから、
今アメリカで最先端のカクテル・スタイルのバーメニューまで幅広く取り揃えている。

ロウリーズ・ザ・プライムリブは1938年にローレンス・L・フランクと義弟のウォルター・ヴァン・デ・カンプの2人により、ロサンゼルスのビバリーヒルズにオープン
特製のシルバーカートに乗せたプライムリブをお客様のテーブルの前で、お客様の好みの厚さと焼き加減でサーバーがカットし提供するスタイルは、創業当時から変わらない伝統である。

75年以上愛される、アメリカンスタイルのローストビーフの魅力

ロウリーズ・ザ・プライムリブは1938年にローレンス・L・フランクと義弟のウォルター・ヴァン・デ・カンプの2人により、ロサンゼルスのビバリーヒルズにオープン
メインとなった、プライムリブは、上質な骨付きのアメリカ牛に特製のスパイスを塗り込み、時間をかけて焼き上げたアメリカンスタイルのローストビーフのこと。
特製のシルバーカートに乗せたプライムリブをお客様のテーブルの前で、お客様の好みの厚さと焼き加減でサーバーがカットし提供するスタイルは、創業当時から変わらない伝統である。

【メニューの一部ご紹介】

<ディナー>

  • ・プライムリブ(オリジナル・スピニング・ボウル・サラダ/ヨークシャープディング/マッシュポテト/ホイップクリーム、ホースラディッシュ付き)
  • ●トーキョーカット(約120g) ¥4000
  • ●ロウリーカット(約300g) ¥6900
  • ●ダイヤモンド・ジム・ブレーディーカット(約500g強)¥9600

<ランチ>

  • ・サラダバー&デザートバー、コーヒー又は紅茶付き
  • ●ランチカット(約65g)¥3000
    ディナータイム同様のカットでも楽しむことができる。

これから年末に向けてのパーティシーズン、最適なお店が赤坂に戻ってきた。

住所:東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR3F 電話番号:03-5545-1429 営業時間:ランチ 11:30~14:00(L.O.)15:00 Close ディナー 17:00~22:00(L.O.)23:00 Close http://www.lawrys.jp/ 

店舗情報

  • 住所:東京都港区赤坂1-8-1
    赤坂インターシティAIR3F
  • 電話番号:03-5545-1429
  • 営業時間:
    ランチ 11:30~14:00(L.O.)15:00 Close
  • ディナー 17:00~22:00(L.O.)23:00 Close
  • http://www.lawrys.jp/
Writer : food agent