Food Trend News

フード業界の今をタイムリーにお届け!

パリの人気パティスリー・ブーランジェリー「リベルテ(LIBERTÉ) が日本初上陸

パリの人気パティスリー・ブーランジェリー「リベルテ(LIBERTÉ) が日本初上陸   ■2018年3月24日(土)吉祥寺にオープン!

■2018年3月24日(土)吉祥寺にオープン!

株式会社レーサム(東京都千代田区霞が関3-2-1、以下レーサム)は、2018年3月24日(土)フランス・パリにある「リベルテ・ラ・パティスリー・ブーランジェリー(LIBERTÉ LA PÂTISSERIE BOULANGERIE)」(以下リベルテ)の世界展開1号店を東京都・吉祥寺にオープンする。
リベルテ・パリ本店は、2013年オーナーであるミカエル・ベニシュー(Mickael Benichou)によってフランスのパリ10区にオープン以来、「透明性」「親近感」 「品質」というコンセプトで、短期間のうちに地位を確立した人気店。さながら菓子/パン工房がそのまま店舗となっているパリ本店の内装は、「リベルテ」が 伝えたいコンセプトを象徴するひとつだ。その場で職人が作ったもののみを販売し、 使用している原料から製造工程まで、全てをオープンにして見ていただきたいという透明性を重視しているとのこと。
店名に「パティスリー・ブーランジェリー」とあるように、「菓子作りの 精密さや繊細さから作られるパンとケーキ」であることを提唱している。

吉祥寺でリベルテが目指すのは「100年前からそこにあるかのような、親近感のある店」だという。

■東京店について

この度日本初上陸、海外一号店の場所として選んだのは、常に「住みたい街」のトップランクに名が挙がる吉祥寺。その吉祥寺でリベルテが目指すのは「100年前からそこにあるかのような、親近感のある店」だという。「リベルテの看板商品である“タルトシトロン”や“タルトタタン”といったトラディショナルメニューは懐かしさと新しさを兼ね備えており、パリでも多くの人に愛されているため、同様に日本の吉祥寺の人々の生活に根差した店にしたい」と創始者のミカエル氏。
さらには、東京店でリベルテ初のカフェスペースを設置し、ここでしか食べることのできないメニューの数々を提供する予定だ。店内の工房で生み出される、自家製天然酵母使用のパンは味わい深く、虜になること間違いなし。オープンが待ち遠しい。

リベルテの看板商品である“タルトシトロン”や“タルトタタン”といったトラディショナルメニューは懐かしさと新しさを兼ね備えており、パリでも多くの人に愛されている

リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー  (LIBERTÉ PÂTISSERIE BOULANGERIE)  運営会社 :株式会社レーサム  www.raysum.co.jp/  住所 :東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-2  開業予定日 :2018年3月24日(土)

店舗情報

Writer : food agent
出張面談無料!給料・年収アップを確約します。飲食業界の転職はフードエージェント

新着 飲食求人転職情報