Food Trend News

フード業界の今をタイムリーにお届け!

2020年3月3日(火)「赤坂 桃の木」が東京ガーデンテラス紀尾井町に移転オープン

2020年3月3日(火)「赤坂 桃の木」が東京ガーデンテラス紀尾井町に移転オープン

2015年から5年連続でミシュラン2つ星を獲得する中国料理「桃の木」(運営:株式会社西武プロパティーズ、本社:東京都豊島区、取締役社長:上野 彰久)は、15年間営業した港区三田から東京ガーデンテラス紀尾井町に移転オープン。今まで以上にお客様にゆったりとお食事との願いからの決断だとのこと。

■「赤坂 桃の木」で楽しめる料理

は大陸のテロワール由来の中国でしか採れない野菜や旬の京野菜など稀少な素材を使用、魚介類も、長崎から毎朝仕入れる朝〆天然魚など極上の食材を使用。 厳選した季節感溢れる食材を使用しながら、オーナーシェフが伝統的な中国料理の技法で、最上級の料理を提供していく。

厳選した季節感溢れる食材を使用しながら、オーナーシェフが伝統的な中国料理の技法で、最上級の料理を提供していく。

パパイヤの蒸しスープは広東風、麻婆豆腐は豆板醤を加えず唐辛子だけで作る四川風、白湯スープの地鶏の煮込み麺は北京風など、広東と上海を基に四川や北京の要素も取り入れた幅広い調理方法を駆使しているのにも注目。

「油脂を控え、繊細な味わいに仕上げる」というシェフの信条により、「赤坂 桃の木」でしか味わえない素材本来の味を生かした上品な料理となっている。

2005年に「御田町 桃の木」を開業から、15年の時を経ての移転、業界の新しい注目レストランであることは間違いない。
パパイヤの蒸しスープは広東風、麻婆豆腐は豆板醤を加えず唐辛子だけで作る四川風、白湯スープの地鶏の煮込み麺は北京風など、広東と上海を基に四川や北京の要素も取り入れた幅広い調理方法を駆使しているのにも注目。

■中国料理と美味しいワインとの組み合わせ

「赤坂 桃の木」のワインは、ワイン造りに情熱を持った生産者のものをチョイス。土と太陽の力を存分に吸収し生き生きと成長した葡萄の果実を使用、「有機栽培・自然な醸造」を行った、酸化防止剤も極力使用していないものを中心にラインナップ。


2005年に「御田町 桃の木」を開業から、15年の時を経ての移転、業界の新しい注目レストランであることは間違いない。

店 名:赤坂 桃の木 住 所:東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井テラス3階 TEL:03-6272-8866 営業時間:17:30~22:00(L.O.21:00) 席 数:20席 定 休 日:毎週水曜日、他

 

店 名:赤坂 桃の木

住 所:東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井テラス3階

TEL:03-6272-8866

営業時間:17:30~22:00(L.O.21:00)

席 数:20席 定 休 日:毎週水曜日、他

Writer : food agent
出張面談無料!給料・年収アップを確約します。飲食業界の転職はフードエージェント

新着 飲食求人転職情報